スプレーのホースを自分でカットする方法とポイント

容器を購入する際に、ボトルとスプレーをセットで購入するとホースの長さは調整をしてくれるところがほどんどかと思います。
弊社も同時購入の際は、ホースの長さは調整して(カットして)納品しています。

しかし、ボトルとスプレーを別々で購入した場合、また、他のボトルに使っていたスプレーを使いたいという場合は、ご自身でホースの長さを調整していただく必要がございます。

スプレーのホースを調整(カット)する際の方法は2つ

1.ホースの先端をカットする。
 メリット・・・・手間がかからない方法です。
 デメリット・・・ホースが曲がっている場合は真っ直ぐにして測りカットする必要があります。

2.一旦ホースを抜き、カットしてからまた元に戻す。
 メリット・・・・誤差が少なく、先端のバラツキもなく綺麗に仕上がる方法です。ホースが曲がっていても影響が少ないです。
 デメリット・・・差し直しするのでひと手間が増えます。スプレーによっては差し直しが難しい場合があります。
         抜き差しして問題ないか確認してから作業を始めましょう。

スプレーのホースを調整(カット)する際のポイント

・ホースの先を斜めにカットする。
真っ直ぐにカットしてしまうと切り口が底面にピッタリくっついてしまい、スプレーが作動しなくなってしまう場合があります。斜めにカットすることで隙間ができ、問題なく作動します。

・ホースの長さは、ボトルの底ではなく、端(角)に合わせる。
最後まで吸い上げるために長めにカットします。

・できるだけ新しい刃物を使う。
 ホースの切り口のきれいさは刃物によって決まります。高級なものでなく100円均一のハサミでも十分ですが切れなくなってきたら交換しましょう。