キャット・スクラッチ

ソーダ・ガラスのガラス瓶を製造するにあたり、煉瓦の窯中が溶解ガラスの接触により侵食を受けることで異物が溶解ガラス内に落ちてしまい、そのまま成型されることでまるで猫が引っ搔いたような跡が瓶に残ることがあります。ひどいものは検品ではじかれます。