メタクリル樹脂とは

アクリル、もしくはアクリル樹脂という名称のほうが一般的ですが、正式にはメタクリル樹脂もしくはポリメタクリル酸メチル、ポリメチルメタクリレート(PMMA)といいます。

常用での耐熱温度は70~90℃、比重は1.17から1.20、屈折率は1.49、光沢があり、抜群の透明感のある外観をもつプラスチック材料です。ガラスを上回るほど透明性が高いため、アクリルガラスやレンズ、水族館の水槽にも使われています。透明性が高いだけでなく、切削加工にも向き、また着色も容易ですから、使用しやすい材料と言えます。

また樹脂の中では耐侯性に優れ、直射日光下でも劣化しないという特性があり、自動車のテールランプにも使用されています。
さらに、耐衝撃性はガラスの10倍~16倍もあり、もし割れたとしてもガラスのように飛散しないことから、高級化粧品のパッケージにも広く使われています。